好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

仕事中毒の旦那様を育児に目覚めさせるとっておきの秘訣


仕事中毒の旦那様を育児に目覚めさせる

とっておきの秘訣

 

父親にも子育ての楽しさを教えましょう!

 

あなたは一人で子育てをしているのでしょうか?シングルマザーであれば当然一人で子育てをしなければなりません。でも、このタイトルの記事を読んでいるあなたは、シングルマザーではないと思います。 

 

夫婦二人の間に出来た愛の結晶である赤ちゃんです。せっかくあなた方夫婦のところに来てくれた天使を二人で育てるのは当たり前ですね。

 

そして、こんなに可愛い赤ちゃんの時期は、すぐに終わってしまいます。「うるせい、ババア!」とか「このクソ親父!」とか言われる前に、育児をめいっぱい楽しんでおきたいですね。

 

あなた一人が、一生懸命子育てをしていても、時には、夜泣きの毎日で途方に暮れてしまうことも度々あるのではないでしょうか?

 

どうしていいのかわからないときに、「うるさい、早く泣きやませろ!」なんて言われたら、それこそ、育児がイヤになってしまいますよね。

o0480035813047872423[1]

そうならないように、ご主人にも育児の楽しさを教える必要があります。男は、子供が生まれたからといって、すぐに父親になれるとは限りません。というよりも、なかなか父親の自覚というものを持てないのが男なんですね。

 

でも、心の中では、妻を守るにはどうすればいいのかと考えてもいるのです。そこで、あなたがリードすることが必要になってくるのです。

 

先ずは、育児は母親の仕事と考えるのではなく、育児を夫と一緒にすると言う気持ちを持つことです。育児の中で、あなたが一番手伝って欲しいことを選びましょう。そして、そのやり方を具体的にご主人に話して下さい。

父親は、育児を恐れている。

 

ご主人は、子育てを怖がっていることも事実です。どうやって良いのかわからないから手を出さないということもあります。

 

あなたも、手伝って欲しい気持ちがあってもなかなか言い出せないのではないですか?

 

黙っていては、いつまで経っても、ご主人は育児の楽しさに目覚めることが出来なくなります。

 

あなたは、赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃんに色々なことを教えています。最初は、ちょっと出来たことを大げさに褒めます。大げさと言うよりも、自然に感動して出る言葉が大げさに見えるのですが…。

 

それと同じように、ご主人に育児をさせる時には、先ずは大げさに褒めることから始めて下さい。

 

初めは恐る恐る抱っこしていたご主人も、「おっ、こんなもんでいいのか」と自信を持つようになります。少しずつ自信を持たせることは、赤ちゃんを育てることと同じです。

o0800053313047878832[1]

ご主人が育児に自信を持つようになれば、あなたの負担は大幅に減ることになります。身体にも心にも余裕が出来てきます。

 

そうなれば、ますます赤ちゃんにとっては良いことが起こるのです。いつも笑顔の母親がお世話をしてくれる。赤ちゃんはいつも心地良く毎日を過ごすことになります。精神的にも肉体的にもすくすくと育つのです。

 

赤ちゃんを月に何度かご主人に任せて一人でお買い物に安心して出かけられるとリフレッシュ出来ます。そうすることで、常に新鮮な気持ちで赤ちゃんと触れ合うことが出来るようになるのです。

o0818015913047881084[1]

父親が育児に目覚めると夫婦の愛が深まります。

 

ご主人にとっても、自分の血を受け継いだ赤ちゃんが、パパの顔を見ると喜んで笑顔を見せてくれるとなれば、ますます赤ちゃんが可愛く愛おしく思うようになります。

 

そして、夫婦の会話も赤ちゃんが中心になることが増えてくるでしょう。そうなれば、夫婦お互いの愛がますます深まってくるでしょう。

 

夫婦が仲良く毎日を過ごせば、赤ちゃんにとっては、その家庭は天国と同じになります。なにもストレスなく、自分の才能をぐんぐんと伸ばしていくことが出来ます。

 

ご主人が育児の楽しさに目覚めて、積極的に赤ちゃんのお世話をするようになれば、良いことずくめですね。

 

全ての子育て家庭がそうなって欲しい。その気持ちを僕は、ずっと持ち続けてきました。でも、なかなか難しいんですよね。

 

あなたは、子育てに追われてご主人に育児を教える時間がないですよね。また、どう教えて良いのかがわからないということもあります。

 

ご主人はご主人で、仕事に追われて家庭のことまで顧みる余裕がないと思っていることが多いですね。

 

家庭のことは妻に任せて、俺は一生懸命働いてお金を稼いでくる。多くの男はそう考えているのではないでしょうか?

o0820020013047882220[1]

確かに、ご主人の稼ぎで充分な生活が出来れば、奥様も納得して育児に専念出来るかもしれません。

 

でも、現実は、ご主人の稼ぎだけではギリギリ?の生活ではないでしょうか?生活がギリギリだと、どうしても心に余裕が出来ません。

 

また、ご主人にしても、頑張っているんだけど、これだけしかくれないんだと会社のせいや不況のせいにしてしまいがちです。そうなれば、お互いにギスギスした毎日を送ってしまいます。

 

そして、そのストレスがたまに爆発してしまうということになります。それを見た赤ちゃんを、不安のどん底に叩き込んでしまうのです。

o0824012712731678959[1]

あなたに代わって、僕がご主人を変えます!!

 

僕のところには、そんなご相談が毎日のように寄せられています。そこで、あなたに替わって僕がご主人の気持ちを変えることが出来ないかと考えました。

 

男性が育児を怖れる一番のネックは、仕事と育児を両立出来るかということですね。

 

でも、それは、奥様がすでに両立させているのです。ワーキングマザーは、仕事と育児を立派に両立し、おまけに家事も頑張っているのです。

 

女性に出来て、男性に出来ないわけがないのです。ただやろうとしないだけ、奥様に甘えているだけなのです。

 

そんな甘えた男は、会社でも出世するわけがありません。出世するためには、様々な能力を兼ね備えていることが必須条件です。

 

民間の会社で人の上に立つためには、それなりの人間でなければ上司や経営者は見向きもしてくれません。

 

それなりの人間とは、仕事が出来るのは当たり前ですが、それ以外にも人を使えるかどうかと言う管理能力も必要となります。

 

人を使う能力というのは、なかなか難しいものです。みんなこれで失敗しているのです。

 

いいですか、育児というのは、その能力を身につけるためにも大いに役に立つのです。

 

言葉を話せない赤ちゃんと一日中一緒にいるということは、赤ちゃんの心を読まなければいけません。

 

何をしたいのか、どこか具合が悪いのか、不快の原因は何なのか、それらを瞬時に判断する能力が磨かれるのが育児なのです。

 

また、泣きわめく赤ちゃんを泣きやませようとして色々なことをすることで、忍耐力が身に付いてきます。

 

それだけでなく、怒鳴っても問題が解決しないことを身をもって知ることになります。部下を怒鳴って言うことを聞かせようとする最低な上司になることもなくなるのです。

o0881032012731678960[1]

新刊本「男の育児で仕事力UP 仕事の出来る男のためのcleverな子育て術」

 

育児は、男の仕事を磨いてくれます。そういう視線から新刊本を執筆しました。そして、やっと完成しました。

 

新刊本のタイトルは「男の育児で仕事力UP!! 仕事の出来る男のためのcleverな子育て術」です。

 

このテキストの目次を見て下さい。

 

目 次
はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5

第1章 母親は、こんなに頑張っています。・・・・ 7
(1) 妊娠中・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
(2) 初めての育児・・・・・・・・・・・・・・10
(3) 一歳児・・・・・・・・・・・・・・・・・14
(4) 二歳児・・・・・・・・・・・・・・・・・16

第2章 父親の存在は、こんなにも大切・・・・・・20
(1) 妊娠時・・・・・・・・・・・・・・・・・20
(2) 0歳児・・・・・・・・・・・・・・・・・23
(3) 父親の出番・・・・・・・・・・・・・・・27
(4) 反抗期・・・・・・・・・・・・・・・・・31

第3章 父親がやるべきこと・・・・・・・・・・・36
(1) 母親の役割と父親の役割・・・・・・・・・36
(2) 母親を労ることで、子供に大きな成果が・・37
(3) 産褥期(さんじょくき)・・・・・・・・・ 39

第4章 父親のサポート・・・・・・・・・・・・・45
(1) 愛する妻を受容する・・・・・・・・・・・45
(2) 自分を過大評価しない・・・・・・・・・・48

第5章 夫婦げんか・・・・・・・・・・・・・・・52
(1) 夫婦げんかは犬も食わない・・・・・・・・52
(2) 良い夫婦げんかをするには・・・・・・・・55
(3) 夫婦喧嘩をして、夫から謝るときのコツ・・56
(4) 夫婦げんかのルール ディベート・・・・・58

第6章 父親がするべき「しつけ」・・・・・・・・ 61
(1) しつけとは・・・・・・・・・・・・・・・61
(2) 父親でしか出来ない「しつけ」・・・・・・ 67
(3) 叱って教えるか、褒めて教えるか・・・・・69
(4) 客観的、具体的に教える・・・・・・・・・72

第7章 父親の「仕事」と「育児」・・・・・・・・ 76
(1) 仕事から学ぶ育児・・・・・・・・・・・・76
(2) 育児から学ぶ仕事・・・・・・・・・・・・83
(3) 定時退社で仕事力もアップ・・・・・・・・88

第8章 「夢」を持つこと、持たせること・・・・・94
(1) 生きることの意味・・・・・・・・・・・・94
(2) 人間力・・・・・・・・・・・・・・・・・98
(3) 人間力を磨く方法・・・・・・・・・・・・102
(4) 輝く父親・・・・・・・・・・・・・・・・105

おわりに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・114

o0900035012737380941[1]

このテキストをご主人に読んでもらって下さい。読み終わった時、あなたのご主人の目の色が変わります。

 

そして、積極的に育児と仕事に取り組むようになるでしょう。あなたとも赤ちゃんが寝付いてから、育児の話題で盛り上がる毎日を過ごすことになります。

 

僕は、このテキストをご主人の為に書きました。ご主人が、会社で注目を浴びるイクメンとして活躍するようになるためです。

 

上司や経営者の見る目もガラッと変わるでしょう。育児が一段落した頃には、あなたのご主人は出世へのエスカレーターに乗っていることに気づくでしょう。

o09920070013044563956[1]

それだけでなく、このテキストは、毎日育児に頑張っている母親であるあなたのために書いたテキストでもあります。

 

ご主人が育児の楽しさに目覚めることにより、たった一人で頑張っていた社会から断絶された育児から解放されるのです。

 

ご主人が育児に入ってくることで、社会の新鮮な空気が家庭に吹き込むようになります。あなたは、社会の中で育児をすることになるのです。

 

男の育児は、女性とは違う方向から働きかけます。社会で活躍するにはどうすればいいのか、どうすればその才能を会社という組織の中で伸ばすことが出来るのか。

 

お子様が女の子の場合は、会社の中での女子社員の立場を実体験の中から教えるようになります。男の子場合も女の子の場合も、ご主人は、経験から伝えるようになります。

o0993021513047893906[1]

ご主人の育児は、お子様に社会での生き方を自然に身につけていくことに繋がるのです。

 

その上、奥様のあなたには、子供と二人だけの閉ざされた育児から、社会に解放された育児に替えてくれるのです。

 

さて、このテキストですが、120ページになってしまいました。どうしても男性に育児を教えるには、まず母親の苦労を知ってもらう必要があります。そこに半分のページを取りました。

 

あなたのことを知ってもらうことで、あなたの苦労を理解してもらい、それを助けることが、いかに素晴らしいことなのかを、ご主人に知ってもらいたいという気持ちが込められています。

 

そして、後半部分は、育児がいかに仕事に役立つのかをまとめています。

 

これを読んで実践することで、人生の中でたった数年の育児の時間が、いつまでも記憶に残る感動の思い出になること間違いなしです。

 

もう一つ大事なことです。このテキストを父親が実践することによって、あなたのお子様が成長した時に父親を尊敬する大人に育つことは間違いでしょう。

 

そんな素晴らしい父親としての男性のために、奥様の妊娠時からお子様の三歳までの育児のコツと仕事との両立のコツをまとめてあります。

 

今までにはなかった視点からまとめました。そして、育児と仕事の相乗効果をまとめた本は、初めてではないでしょうか?

 

「男の育児で仕事力UP!! 仕事の出来る男のためのcleverな子育て術」

 

奥様の妊娠時から役に立ちます。最大4年間役に立つそのテキストの価格は、14,040円で提供します。

 

但し、今だけ半額以下のなんと5,830円で提供させて頂きます。

 

それだけではありません。なんと消費税、送料も込み込みのお値段です!!!!

 

是非、ご主人にプレゼントして下さい。そして、通勤時間に読んでもらって下さい。

 

通勤の行き帰りに読んだご主人の目が輝いてきますよ。おむつも積極的に替えてくれるようになります。

 

子供は一人で育てるのではなく、夫婦で育てるのが当たり前です。ご主人が育児の楽しさに目覚めれば、あなたの育児はますます楽しくなりますよ。

 

仕事中毒の旦那様をイクメンに変えるテキスト通称「父親の育児」

 

お申し込みは、今すぐこちら





 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31