好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

喧嘩は止めないで下さい


 

こんにちは 柴田です。

 

僕の育児相談で、よくある一つのお友達との喧嘩をどうすればいいのかというのがあります。
喧嘩は止めないで1

 

2歳児くらいになるとお友達との関わりが始まります。

 

その時に、どうしても手が出てしまうので、どういう対処をすればいいのでしょうかと言うものが多く寄せられます。個別にアドバイスをさせて頂いていますが、ここでは、大まかな対処法をご紹介します。

 

第一前提としては、子供の喧嘩は、まず見守るということです。

 

 

子供は喧嘩をしながら、相手の気持と自分の気持の違いを学んでいくのです。もし、喧嘩が始まってすぐに大人が止めてしまうと、互いの不満が解消されないままになってしまいます。

 

1歳までの子供は、今まで育ってきた中で、周りにあるものは全て自分のものだと考えています。実際、パパやママ、あるいはジジババは、欲しがるものをすぐに与えてきたはずです。

 

そんな環境で育ってきた子供は、友達のものでさえも自分のものと考えているのです。そして、そのお友達も同じように考えています。そこで取り合いや喧嘩が始まるのです。

 

これも避けては通れない道であり、避けてはいけない道なのです。

 

喧嘩をさせる→泣く→止める。その時を待って、初めて大人が介入するのです。

 

お互いに何が不満だったのかということを子供たちの言葉を代弁してあげることで、相手の気持を次第に理解していくようになります。

 

まだ、言葉が話せない段階であればなおさらです。喧嘩という経験を通して、こんな時にはこんな言葉を使えばいいのだということを学んでいくのです。

 

もちろん、周りに危険物がないかとか、素手以外の者で叩くとか、噛みつくなどの場合はすぐに止めに入ることも大切です。子供たちが怪我をしないように直ぐに止めに入ることのできる位置で注意深く見守ることです。

 

この時に一番のネックになるのが、ママ友との関係です。

喧嘩は止めないで2
自分では喧嘩をさせたいけど、相手のママが喧嘩をさせたくない。極端な場合は「うちの子に、なんてことするの!」と感情的になってしまわないかという不安ですね。

 

そんな不安を抱く前に、ママ友と育児方針を共有するか、共有できない場合には、そのママ友とは距離を置くのがベターです。

 

子供の喧嘩は、自分とお友達とは違う意見や感情があることを知る機会なのです。そして、それと折り合いをつけていくことを学ぶ機会でもあるのです。

 

もし喧嘩をすぐに止めてしまうと、仲直りの方法やトラブルを解決する術を体験を奪うことになるのです。

 

といっても、出来れば喧嘩は避けたいですよね。

 

であれば、お家の中でママやパパとおままごとなどをして、互いの気持ちを学ぶ機会を作ることで、共感能力を育てることも可能です。
そんなお悩みをお持ちなら、僕が直接解決させて頂きますよ。

ドキドキ 25日までなら、3,000円お得です。

 

 

ドキドキ Facebookでも、あなたの知らない育児情報を発信しています。お友達大歓迎です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930