好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

減点方式で評価している?


 

こんにちは 柴田です。

今日は、減点方式から加点方式というお話です。

減点方式1

 

アメリカの教育方針と、日本の教育方針は、全く違います。

一言で言えば、「真逆」です。

 

日本の場合は、100点が満点です。答えが間違っていたら、×。

答えは、決められた一つしかありません。

その答えが、答案用紙に書かれていなければ、×。

そして、先生からは、

「君は、ここがだめだったなあ」

「ここを、もっと頑張ればなぁ」

とマイナスのところばかり、指摘されます。

 

でも、アメリカの場合は、違います。

 

生まれたての子供は何も知らない。

だから、何かひとつのことを覚えると、肯定的な意味で、その子は成長したことになります。

だから、子供は訓練(教育)しなければならない、とも考えるわけです。

アメリカの教育は、この加点方式に基づいています。

ある問題に対する答えが一部でもあっていれば、1点、5点、あるいは10点加点されます。

これは日本でいう試験の部分点という考え方ではありません。

部分点というのは、たとえば、その問題の満点が20点であれば、半分はあっているから10点あげるという考え方です。

でも、アメリカでは、その問題の「満点が20点」という発想が異なっています。

もちろん、アメリカにも試験がありますから、成績は点数で表されます。

でも、すべての試験が100満点で何点という考え方ではありません。

450点中380点取ったから、パーセントに直せば、84.4パーセントという表現をします。

また、オリンピアのある中学校では、「この試験で取れる点数の可能性(possible points)は100」と試験の前に学生に表示されます。

この意味は、日本のように全部あっていたら100点、という考えではありません。

テストには、数学のように数式で解答するだけではありません。

リーディング(読解力)やライティング(作文)のように記述式で答える回答方式もあります。

そのどちらの場合でも、もし、学生が学校で習っている(あるいは先生が期待している)レベル以上の解答をすれば100(点)を越える点数、たとえば、103点とか105点ということもあり得るわけです。

このように100を越える点数がつくことがあるのは、一つひとつの問題の解答に対する点数を加点していくからです。

※参照「オリンピア便り」

 

あなたのお子様を見るときにも、

「これが出来ない」

「あれがまだまだ」

「ここが、もっと出来て欲しい」

と出来ないところばかりをマイナス評価するのは、もうやめませんか?

 

それよりも、

「こんなに小さいのに、こんなことまで出来るなんて凄い!」

「教えてもいないのに、どこで覚えたの!」

「えーー!凄い!凄い!」

 

出来ているところに感動しましょう!
減点方式2

 

そのママの驚く顔を見て、あなたのお子様は、どんどん自信をつけていきますよ。

あなたのお子様の自己有用感を、あなたが育てないで、誰が育ててくれるのですか!

 

ドキドキ 柴田メソッドセミナー、来年は1月16日開催です。

テキストや顧問契約でお聞きになりたいことがありましたら、こちらでご質問くださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930