好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

ブライトスポットを探そう


 

こんにちは 柴田です。

 

今日は、ブライト・スポットを探そうと言うお話しです。

 

僕は、アクション映画が大好きです。

 

シュワちゃんやスタローンなどが大暴れして悪をやっつけると気分はスカッとします。

 

エッ?古すぎる?

 

今なら、ジェイソン・ステイサムやダニエル・グレイグですよね^^;
ブライトスポット1

 

 

TVや映画では、善は、最後には、悪に勝つと言う結果に終わります。メデタシ メデタシです。

 

あなたも善は強いんだと、最後には善が勝つのだと信じていますよね。

 

でも、現実には、悪は善よりも強い事が判明しているのです。

 

それは、心理学的にも証明されているのです。

 

ネガティブな情報は、ポジティブな情報よりも強いのです。

 

人間は、どんなにいいことがあったとしても、ネガティブな方に目を向けがちなのです。

 

テレビやラジオ、新聞の一面を飾るのは、常に悪いニュースばかりではありませんか?

 

いい悪いの問題ではなく、人間の脳はネガティブな事に強く反応するようにできているのです。

 

これは、ネガティブな情報の方が重要だからなのです。

 

原始時代、向こうから腹をすかした肉食恐竜が近づいてきたら、それを素早く察知しなければ命に関わります。

 

逆に、美味しそうな獲物を逃したところで、即、命には関わりません。

 

何故、こんなお話しをするのでしょうか?

 

こんな話が、あなたの子育てには関係がないと思われますか?

 

実は、致命的な関わりがあるのです。

 

人間は、必ず「出来ていない事」に注目するようになっています。

 

「出来ていること」よりも「出来ないこと」に注目して、それをなんとかして出来るようにしようという事に全エネルギーをかけるのです。

 

あなたの子育てでも同じです。

 

あなたのお子様を見るときに、先ず考えることはどこでしょう?

 

足らない部分、うまく出来ない部分はどこか?

 

それを伸ばすためには、それを改善するためにはどうすればいいか?

 

ということを考えていませんか?

 

あなたのお子様も小学校に入学したら学業を評価されます。

 

一学期の通知表を見て、「よくできた」「できた」「もう少し」の三段階評価で国語や理科、社会は「よく出来た」でしたが、算数だけが「もうすこし」と言う評価だったらどうします。
ブライトスポット2

 

 

「よくできた」の学科を褒めますか?

 

恐らく、それを褒めるのではなく、「もう少し」と評価された算数に注目しませんか?

 

「どうして算数だけ出来ないの?」

「他の科目は出来るのに?」

 

そして、

 

「どうやって算数を伸ばしたらいいの?」

「ドリルを買って来て、毎日特訓する?」

「塾に通わせる?」

 

などと夫婦で話し合うのではないでしょうか?

 

逆に、「よくできた」と評価されている科目を褒めて、もっと伸ばそうと考える人はいないのではないでしょうか?

 

あなたは、日頃こんな言葉を言っていませんか?

 

「どうして、こんな事が出来ないの!」

「いつまで、グズグズやっているの!」

「さっさとやりなさい!」

ブライトスポット3

 

毎日、同じ事を叱っていませんか?

 

そして、叱ることによって改善されていますか?

 

改善されないから、毎日同じ事を叱ってしまうのですよね。

 

このように、出来ていないところに注目すると、ストレスが溜まるだけなのです。

 

出来ていないところではなく、出来ているところを認めてあげる。

 

そして、その上手くいっている事を伸ばしてあげること。

 

このアプローチを取れば、あなたのお子様はどんどん伸びていきます。

 

そして、お子様の笑顔がどんどん増えていくのです。

 

今、上手くいっている所。これを、「ブライト・スポット」といいます。

 

育児に大切なことは、この「ブライト・スポット」に注目して、それを言葉に出して認めてあげることなのです。

 

これは、夫婦関係でも同じです。旦那様の悪いところを探せば、山ほど出てきますよね(^^;)
ブライトスポット4

 

 

悪いところばかりを探していると、夫婦関係は絶対にうまくいきません。

 

しかし、ブライトスポット、旦那様のいいところ、好きなところ探して、それを言葉に出して伝えれば、夫婦仲は、どんどん良くなります。

 

今年の年末年始は、ご家族でそれぞれの「ブライト・スポット」を話し合って下さい。

 

そして、お子様の「ブライト・スポット」を話し合って、それをもっと伸ばすにはどうすればいいのかを話し合って下さい。

 

育児でも、お子様が「出来ているところはどこ?それをどうすれば、もっと伸ばすことが出来る?」と考える習慣を付けて欲しいのです。

 

話を戻しましょう。

 

悪の考えは善の考えより強いのです。ネガティブはポジティブより強いのです。

 

意識しないと、人は自動的に問題を探すようになるのです。

 

あなたが、悪い思考習慣をもっていれば、いつまで経っても育児が楽しくなることはありません。

 

でも、良い思考習慣を持てば、いつかは自然にいい結果に繋がるようになります。

 

来年は、是非、ブライトスポットを探す事をあなたの思考習慣にして下さい。

 

きっと、あなたの育児が楽しくなってきますよ。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930