好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

子供の心の中を “気づきたい!”


 

こんにちは 柴田です。

 

今日は、“気づくと気づかない”というお話しです。

 

僕が、まだサラリーマンをしていた頃の話です。

 

気付きたい1

 

 

もう30年近く前のことです。

 

営業マンとして毎月の目標に向かって、まさしく24時間、身を粉にして働いていました。

 

そして、身体を壊して一ヶ月入院し退院した後、休養を兼ねて友人が実家の山形に誘ってくれたのです。

 

その誘いに乗って家族みんなで山形に向かいました。

 

僕は、その時に見た草花の色の鮮やかさに目を奪われました。

 

気付きたい2

 

 

「自然の草花の色は、こんなにも美しいものだったのか」

 

と、その時、初めて“気づか”されました。

 

営業で、あちこち自然豊かな街にも出かけていたはずだったのですが、営業マンの時には、そんなものは目に入らなかったのですね。

 

いえ、営業マンの時には目には入っていても、本当の意味で存在を意識してはいなかったんですね。

 

数字に追われる営業マンという仕事を辞めて、毎日のノルマも上司の厳しい目も気にしなくなった途端、今まで見えなかったものが見えてきたのです。

 

その時、自然が、「生きている」ということを在り在りと感じさせられした。

 

そうすると、掛けていた“サングラス”を外したかのように、葉っぱの一枚一枚のみずみずしい輝きが目に入ってきたのです。

 

その時、僕は、“気づき”ました。今まで、何を見ていたんだろう。何のためにあんなに頑張ってきていたのだろう、と。

 

家族のためだとか、子供のためだとか言っていたのは大間違いであり、それは全て自分の欲のためであったのだと…。

 

そして、生きているということは、こんなにも輝いて見えるものなのだと、その時初めて、“気づかされた”のです。

 

今、思うことは、育児も同じなんですね。

 

育児は、理屈や理論で納得することじゃないんですよね。やっぱり“気づき”なんです。

 

同じお子様を見ても、そのお子様が何を要求しているのかを見るためには、“サングラス”を外す必要があるのです。

 

“サングラス”を掛けたまま、何度お子様を見たとしても、お子様の本当の心に“気づく”ことが難しいのです。

 

あなたも今まで育ってきた中で、知らない間にそれぞれの“サングラス”を掛けてしまっているのではないでしょうか?

 

気付きたい3

その“サングラス”を外すためには、どうすればいいのでしょうか?

 

それは、あなたのお子様の心の中を“気づきたい!”あるいは“わかりたい!”という気持ちを持ち続けることなのです。

 

お子様は、毎日あなたに訴えかけているのです。

 

あなたの愛情を欲しがっているのです。

 

その訴えを、“甘え”と受け取るか、“自然な欲求”と受け取るかは、今掛けている“サングラス”が影響しているのかも知れません。

 

今一度、鏡を見て下さい。目に見えない“サングラス”は、掛けていないでしょうか?

 

もし、掛けていると“気づく”なら、今すぐ、その“サングラス”を外して下さい。

 

透明な目で、透明に輝いているあなたのお子様の、目の奥に隠された欲求を感じてあげて下さい。

 

あなたのお子様は、あなたのその目を待っているのです。

毎月開催している僕のセミナーでは、知的好奇心旺盛な子供に育てるための秘訣をお話しています。12月12日は、今年最後のセミナーです。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930