好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

ミスをした時が絶好の機会


 

こんにちは、柴田です。
子供がミスを1

今日は、あなたのお子様がミスをした時にどんな言葉を掛ければいいのかというお話です。

「お洋服に泥がついてしまった」
「食べ物を落としてしまった」

こんな“ちょっとした問題”を起こしてしまった時、あなたの反応は、

「何やってるのよ~! 汚しちゃダメって言っているでしょ!」

などと、厳しい言葉で注意しているのではないでしょうか?

そんな叱り言葉では、お子様は素直に行動を反省しないということを以前にもお話ししました。

では、こんな時には、どんな言葉を掛ければいいのでしょう?

例えば、ご家族でレストランで食事をしているとします。

子供がミスを2

食事を楽しんでいる時に、お子様がテーブルの上に食べものを落としてしまいました。

そればかりか、持っていたフォークまで床に落としてしまいました。

さて、こんな場面で、あなたならどう対応しますか? 

多くの場合、こんな光景を見かけるのではないでしょうか?

「もう、何やってるのー? どうしてそんなにお行儀が悪いの」と叫ぶお母さん。

そして、顔をしかめながらあなたはテーブルの上の食べものを拾う。

テーブルを拭きながら、「自分で拾いなさい」と言ってフォークを拾わせる。

あるいは、「すみませーん」とお店の人を呼んで片づけをお願いする。

そして最後には、「もう、良い子にしててよ!」とトドメをさす、

こんなところでしょうか。

 

これでは、せっかく楽しみにしていた外食が台無しです。

また、お子様も、二度と外食は行きたくないと思うのではないでしょうか?

そう、ならないためのお勧めの対応は、次のようなものです。

あなた 「あら、どうしたの?」

お子様 「落としちゃった」

あなた 「うん、どうするの?」

 

ここで、失敗を叱るのではなく、どのような対応が出来るかを聞くことが大切です。

これを「拡大質問」と呼びます。

拡大質問とは、What(何、どんな)、why(なぜ、どうして)、how(どうやって)を問うオープンクエスチョンです。

オープンクエスチョンは、質問された人が思ったことを自由に答えられる質問です。

拡大質問を投げかけられたお子様は、少し考えて行動を起こすでしょう。

この場合は、自分でフォークを拾う等の行動です。

落としたフォークを拾ったら、褒めてあげて下さい。

そして、店員さんを呼んで、

「すみません、落としちゃったので替えて下さい」

と伝えて下さい。お話しが出来るお子様ならば、自分で言わせて下さい。

そして、新しいフォークを持ってきてもらったら、次の「拡大質問」です。

あなた 「フォークを持ってきてもらって良かったね。今度から、どうしたらいいと思う?」

 

お子様 「落とさないように食べる」等と答えられるならば、

 

あなた 「そうね。それだとお店の人にも迷惑かけないし、お母さんも安心」

 

これで、外食時のマナーを経験し、身につけていくことが出来るようになるでしょう。

お子様が、何か「ミス」をしてしまった時や困っている時こそ、問題解決力をつけさせる絶好の機会です。

あなたは、すぐに手を出さず、

「どうしたの?
「どうしたら良いかな?」

と考える機会を与えて下さい。

「拡大質問」を活用して下さい。

まだ、言葉の話せない小さなお子様の場合は、今回の記事を頭に置いて下さい。

お家の中で、その時が来たら、是非、実践してみて下さいね。

テキストや顧問契約でお聞きになりたいことがありましたら、こちらでご質問くださいね。

こちらの記事もぜひ参考にしてみて下さい。“ダブルスタンダードとダブルバインド”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930