好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

上の子が赤ちゃんを虐める


こんにちは 柴田です。

さて 今日は2時限目の講義です。

 

朝の兄弟の問題は、考えて頂きましたか?ちょっと難しかったですかね(^^;)

では 説明しますね。

年の離れた(3歳以上)兄弟姉妹ならば問題は起きないでしょう。

でも、2歳くらいしか離れていない場合、問題は起きます。

ハイハイできるようになったばかりの赤ちゃんはそれまでより怪我しやすくなります。

あちこち探求してまわるので、ものを壊したり、余計な家事を増やしてくれます。

どちらにしても、親としてはこれまで以上に赤ちゃんから目を離せなくなります。

そして赤ちゃんにべったりの状態になります。

それまでママの愛情を一心に受けて育ってきたお兄ちゃん(お姉ちゃん)からみれば、ママを赤ちゃんに取られたと感じてしまうのですね。

「ママを取ったのはこいつだ」

と赤ちゃんを叩いたり、突き倒したり、おもちゃを取り上げたりし始めるのです。

すると、赤ちゃんは最初は戸惑った様子を示すだけですが、そのうち嫌がって泣き出します。

その泣き声でやってきたお母さんは、赤ちゃんが泣いているのはお兄ちゃん(お姉ちゃん)が原因だと考えます。

そこで厳しく叱ったり、何らかの形で罰したりしがちですが、それでは必ず上の子に不満が残ってしまうのです。

赤ちゃんに乱暴したり、わがままに振る舞ったりするのは、まったく自然なことなのです。

 

この現象は、赤ちゃんと歳が近いほど頻繁になり激しくなります。

これにはショックを受ける若い親が多いでしょう。

それまでの1年以上の間、計り知れない程の愛情を注いできたお兄ちゃん(お姉ちゃん)が、同じように可愛がってくれると思っていた赤ちゃんを虐めるのですから。

 

ママやパパは前もって、このことを理解しておいて下さい。

そして、お兄ちゃん(お姉ちゃん)にも忘れず愛を注いであげて下さい。

 

毎日、抱きしめてあげて下さい。毎日、言葉をかけて下さい。

「あなたが、一番大好きなのよ」と。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031