好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

風邪には抗生物質?


あなたの近所にこんな医者はいませんか?

近所の小児科は風邪で受診すると必ず抗生物質を処方します。

家から近いし、先生も話しやすいし親身で丁寧だし、抗生物質処方以外はあまり不満はありません。割と人気がある小児科です。

でもちょっと喉が赤いねぇと言っては抗生物質。

咳が出るねぇと言っては抗生物質。

ウィルス性の風邪には抗生物質は効かないんですよねぇ?と聞いたら

「そうなんですけど、抗生物質を飲んだ方が早く治るんですよ、何故か」

と驚きの発言をされてしまいました。

ここまでいう医者がいれば、あなたも「やっぱり抗生物質のほうが早く治るみたい」と思ってしまいますよね。

そこで、あなたに頭に入れて頂きたい真実をお話します。

薬

米国の小児科学会が作成した一般向けのパンフレットを翻訳しました。非常に役立ちます。

あなたのお子さんと抗生剤(抗菌薬):不必要な抗生剤(抗菌薬)は有害です。
Your Child and Antibiotics:Unnecessary Antibiotics CAN Be Harmful

米国小児科学会

抗生剤について
抗生剤は最も強力で大切なお薬です。適切に使われるときには命を救うこともありますが、不適切に使われるとあなたのお子さんにとって有害にもなります。抗生剤はウイルス感染症に使用されるべきではありません。

細菌とウイルス
2種類の病原体(細菌とウイルス)が、とんどの感染症の原因です。実際には、ウイルスがほとんどの咳や咽頭痛、そしてすべての感冒(かぜ)の原因です。細菌感染症は抗生剤で治療することが出来ますが、ウイルス感染症は決して抗生剤では治せません。ウイルス感染症のときには、あなたのお子さんは病気自身の経過をたどって自然に治っていきます。

耐性菌
多くの細菌に抗生剤が効きにくくなっています(耐性菌とよびます)。この耐性菌は通常の抗生剤で殺すことができません。
耐性菌に感染すると、入院して静脈注射が必要となったり、ときにはどんな治療でも治せなくなったりすることがあります。
抗生剤が使用されればされるほど、あなたのお子さんが耐性菌に感染する機会が増えることになります。
どうやって細菌は耐性化するのでしょうか?
抗生剤が使われると、抗生剤に効く菌(感受性菌)だけが殺されますしかし、抗生剤が効かない耐性菌は生き残って増殖を続けます。抗生剤を繰り返し使用したり、不適切な使用を続けたりすると、耐性菌が増えることになります。これらの耐性菌は、家族や地域の人達にも拡がっていきます。

診断

抗生剤が必要な場合は、そして必要でない場合は?
この難しい質問に対して、あなたの主治医がきちんとした診断に基づいてお答えするでしょう。いくつかの例を示します。

中耳炎:いくつかの種類があり、抗生剤が必要な場合と、必要でない場合があります。

副鼻腔炎(蓄膿症:濃い緑色の鼻汁(青ばな):子どものほとんどは、副鼻腔炎ではありません。抗生剤は発熱や痛みが続く一部の重症例にだけ必要になります。

気管支炎:小児の気管支炎に抗生剤が必要となることはほとんどありません。

咽頭炎:ほとんどがウイルス感染症であり抗生剤は必要ありません。溶連菌感染による咽頭炎だけが抗生剤による治療が必要となります。この溶連菌の感染は簡単な検査で診断できます。

感冒(カゼ):感冒はウイルス感染でおこり、ときには2週間以上続くことがあります。抗生剤は感冒には効果がありません。主治医は病気の経過中、快適に過ごせるように助言をしてくれるでしょう。

感染症は変化することがあります。
ウイルス感染症のあとに細菌感染症が続発することもあります。しかし、抗生剤でウイルス感染症を治療しても細菌感染症を予防することはできません。むしろ、耐性菌による感染症を引き起こす危険性があります。もし、病気が悪くなったり長引いたりしているなら、主治医に説明をしてもらってください。

よくある質問
◆抗生剤が効かない耐性菌からどうすればわが子を守ることができるでしょうか?

主治医が抗生剤を必要だと判断した場合だけ、抗生剤を使用して下さい。抗生剤で、ほとんどのカゼ・咳・のどの痛み・あるいは鼻水を治すことはできません 子どもさんは自分自身の力でカゼから治っていきます。

◆鼻汁の色が透明から黄色や緑色にかわったら、抗生剤が必要なるのでしょうか?

黄色や緑色の鼻汁があっても、子どもさんが細菌に感染したわけではありません。ウイルス感染の経過中に鼻汁が濃厚になったり色が変わったりするのは普通のことです。

◆わが子に抗生剤を与えてはいけないということなのでしょうか?

抗生剤は大変強力な薬で、細菌感染症に対してのみ使用すべきです。もし、抗生剤が処方されたならば、きちんと飲み終えるようにしてください。決して後に使おうと取っておくようなことはしてはいけません。

◆どうしたら、わが子がウイルス感染か細菌感染か知ることが出来るのでしょうか?

あなたの主治医におたずねください。もし、あなたがわが子に治療が必要と思われるならば、あなたの主治医と相談してください。でも忘れないで下さい。感冒(カゼ)はウイルス感染が原因です。そして抗生剤で治療してはいけません。

風邪

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930