好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

毎日の耳掃除は必要?!


新生児は毎日耳掃除が必要って聞いたけれど…?

赤ちゃん

赤ちゃんが産まれたばかりの頃は、産院で沐浴の後に毎日耳掃除をするように指導された方も多いのでは?
新生児は、胎内にいるときにできた胎脂と呼ばれる汚れが、耳に詰まっているので、それを耳掃除で取り除く必要があります。だいたい生後6ヵ月頃までは、沐浴の時に耳掃除をしてあげてください。
めん棒にオリーブオイルを少量垂らし、耳の入り口の見える範囲をそっと触れる程度に優しく掃除するくらいで十分です。

耳掃除

しかし、その後は毎日の耳掃除は必要ありません。

人間の耳には、自ら耳垢を外に押し出す自浄作用が備わっています。耳の穴の皮膚は新陳代謝をしながら少しずつ移動して、耳垢を自然と耳の外へ運び出してくれます。
ですので、この自浄作用が機能している正常な耳の場合、耳掃除をしなくても良いんです。 耳掃除をすることで起こるトラブルが多い!

むしろ、耳をキレイにしようと頻回に耳掃除をすることで、かえって害になるのです。
耳の中を無理にいじると、そこからばい菌が入って爛れて(ただれて)しまい、外耳炎になってしまうことがあります。
また、耳掃除を嫌がって暴れる子供の耳垢を無理矢理取ろうとしたり、乱暴なやり方で耳掃除をしたりすると、外耳道や鼓膜、場合によってはさらに奥にある中耳・内耳にまで損傷を起こしてしまうこともあります。
耳の中は基本的には触らないのが一番です。
耳掃除をすることで耳垢を耳の奥に押し込んでしまう場合もあります。

 

子供が耳を気にしていたら耳鼻科へ!

 

だからと言って、放置しすぎはNGです。
耳垢によるトラブルもあります。耳垢が溜まり外耳道という耳の入り口部分をふさいでしまう耳垢栓塞(じこうせんそく)という病状もあります。
この場合、耳の中で耳垢ががっちりと固まってしまい、家庭で耳垢を取り除くことは無理なので、耳鼻科に行って取り除いてもらう必要があります。 子供が痛がったり、耳を気にしたりなど、何らかのサインを出したときには、すぐに耳鼻科で診てもらいましょう。

耳鼻科に行って耳掃除をしてもらおう

もしかすると、耳掃除のためだけに子どもを耳鼻科に連れて行ってもよいものかと躊躇してしまうお母さんもいるかもしれませんが、耳掃除をしに来るお子さんもたくさんいらっしゃいます。安心して耳鼻科を訪れて下さいね。

子供の耳のトラブルを予防するためにも、一度耳鼻科に行って耳掃除をしてもらうのが賢明ですね。赤ちゃんの時からなんとなく毎日の耳掃除をしてきた方も、これを機に耳鼻科にかかってみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年8月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031