好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

一般社団法人 日本母親支援協会 Japan Mothers Association

デイトレーダー

陣痛促進剤について


こんにちは 柴田です。

僕の職業は、幼児教育コンサルタントです。

その僕が、出産に関するテキストも書いています。


その理由は、赤ちゃんは、生まれる前から意識があると言うこと。

そして、お腹の中で、脳もすでに発達しているということ。

ですので、お腹の中の赤ちゃんは、出産時には、命がけで産道を自らの意志で、通り抜けようとします。

その意志を育て、順調に出産することで、赤ちゃんは、生まれた瞬間から自立心が育てられます。

もちろん、命の危険が伴う場合は、帝王切開での出産となります。

その場合でも、ぎりぎりまで、赤ちゃんは頑張っているのです。

それを理解してあげることで、母子の信頼関係が築かれていきます。

陣痛促進剤1 

ですが、現実には、医療側の都合で、まだ胎児の準備が十分でない時期や時間帯に、生ませられる場合があります。

そうすることによって、多少なりとも精神的、肉体的に影響が残る可能性があると言うこと。

生まれてしばらくは、そんな影響は感じられませんが、将来、どこかにその影響が出ないとも限らないとの結果も出ています。

ですので、出来るだけ、母体を鍛え、胎児の意思を尊重することが、生まれてからの育児に好影響が期待出来る。

そのための方法を、このテキストをまとめています。

実際、そのテキストを参考に、出産して頂いた方も大勢出てきました。

どうして、僕が、このテキストを書いたのか。そのもう一つの理由が、今朝の新聞に掲載された記事に掲載されていました。

陣痛促進剤73%過剰投与 脳性まひの赤ちゃん調査…再発防止委報告
出産時の事故で脳性まひになった子どもに補償金を支給する「産科医療補償制度」で、補償対象事例を専門家が分析した再発防止報告書が7日公表された。

陣痛促進剤が使われた事例のうち、日本産科婦人科学会の指針を逸脱して過剰投与されたケースが73%に上ることがわかった。

制度を運営する日本医療機能評価機構は、お産を扱う全国の医療機関に対し、適正使用を求める提言を出した。

報告書によると、分析対象は、制度が始まった2009~12年の補償対象事例188件。

うち陣痛促進剤が使われた56件では、1回の薬の投与量が多すぎたり、投与間隔が短すぎたりするなど、学会の指針が順守されていない事例が41件(73・2%)あった。

指針の逸脱が脳性まひの主な原因と判定できない事例が多かったが、主因と考えられた事例が1件、影響があったとみられる事例も6件あった。

陣痛促進剤は、投与の際、妊婦に説明し同意を得るよう添付文書(説明書)に記されている。

しかし、実行していたのは56件中28件(50・0%)で、8件(14・3%)は実行していなかった。

投与について診療録への記載に不備があったのは7件(12・5%)だった。

報告書をまとめた再発防止委員会の池ノ上克委員長(宮崎大学病院長)は「学会の指針を守り、投与中に胎児が健全かどうかよく監視して安全な診療を行ってほしい」としている。

(2013年5月8日3時2分 新聞)
あなたは、出産というのは、お医者様に任せておけば安心だと、安易に考えていませんか?

また、専門的なことだから、お医者様でないとわからないと考えていませんか?

陣痛促進剤2

出産というのは、病気でもなく怪我でもないのです。

あなたには、子供を産む力が備わっているのです。

お腹の中の赤ちゃんも、自分の力で外界に出ようとする力が備わっているのです。

事実、お腹の中の赤ちゃんは、誰に指示されることもなく、曲がりくねった産道を上手に身体をくねらせながら進んできます。

陣痛促進剤3

それらのことをあなた自身が知るか知らないか、知ろうとするか、知らなくてもいいと考えるか。

その違いが、将来の育児にも大きく影響が出てくるのです。

何事も同じですが、後悔先に立たず。備えあれば憂いなし、です。

ご自分の身体を使った、素晴らしい体験をする機会は、人生で何度もありません。

是非、これから妊娠を予定されている方、現在妊娠中の方、結婚はまだまだと考えている方にも、このテキストを、是非、読んで頂きたいのです。

 

僕のテキストに共通しているもの。それは、「常識」を打ち破るということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930