好奇心を満たせば、あなたの育児は本当に楽になる

menu

らくらく育児 ♪ 頭もよくなる! 思いやりも育つ!! 柴田メソッド公式サイト

デイトレーダー

働きながらの育児・・・急ぐ時こそ・・


こんにちは、柴田です。

働きながらの育児・・・本当に時間がないですよね。

そんなあなたに、こんなお話です。

時間感覚のない子どもを急がすと逆効果

大人のような時間の感覚がない子どもに、「間に合わなくなっちゃうから、早く靴を履いて!」と急がせても効果はありません。

「間に合わない」という感覚がピンとこないのですから。

むしろ親の焦りが子どもに伝染して、普段よりも遅くなってしまったりしませんか?

こうなっては逆効果です。

自分で履きたがっていた靴を取り上げてむりやり履かせ、それに反発して子どもは泣き出して歩かなくなる。

「急いでいるのにどうして?」と親のほうが泣き出したくなった経験があります。

こんな時に子育ては難しいと感じるもの。

■子どもとの行動は時間に余裕を持つ

こうした事態を避けるには、まず時間に余裕を持つことです。

9時に出かけようと思ったら、8時半には家を出るつもりで支度をします。早起き

こうすれば何かあっても遅れないで済みます。
小さいお子さんのいるご家庭は、時間が決まっているイベントには30分前行動を心がけましょう。

すると親の心の余裕が子どもにも良い影響を与え、物事がスムーズに運ぶことが多いから不思議です。
■子どもに理解できる説明をする

とは言うもののいつも十分に余裕を持つことができるとは限りません。

子どもに急いで欲しいときには、彼らが理解できるように言い聞かせます。

「約束の時間に間に合わない」→「大好きな○ちゃんに会えなくなってしまいますよ」

子どもが「それは大変だ」「それは困る」と感じられるレベルに噛み砕いて説明します。

この際に注意しなくてはならないのは「脅し」にならないことです。

先の例では

「あなたが行かないと○ちゃんに嫌われるよ」

「○ちゃんが二度と来ないでって言うかもね」

などと、事実ではない脅しをすることです。
■親子の相互理解は子どもの立場を尊重することから

忙しい現代では、ついつい子どもを大人のペースで引っ張りまわしてしまいがち。

良好な親子関係を築くためにも、子どものペースをできるだけ尊重したいものです。

それが子どもが成長してからの親子の距離を縮めることにつながります。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

子供がグズグズしているように見えるかもしれませんが、子供なりに一生懸命に頑張っています。

また、視線が違うので、何か新しい発見をしているということもあります。

子供の視線に降りて、一緒に見てあげて下さい。

テキストや顧問契約でお聞きになりたいことがありましたら、こちらでご質問くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新しくママになったあなたへ


こんにちは 柴田です。
僕のブログを読んで頂いてありがとうございます。

僕は、長年の幼児教育コンサルタントとしての経験から、独自の育児メソッドを構築しました。
その育児メソッドをまとめた本は、延べ8000人以上のママに読まれています。
また、育児の悩みのご相談に応じる顧問契約は、600名以上のママと結んでいます。 

そして、2014年から「柴田育児アカデミー」を設立し、柴田メソッド・インストラクターの育成を始めました。




赤ちゃんは、可愛いですよね。でも、そんな赤ちゃんに、追いつめられていませんか?
育児でお悩みのあなた!苦しんでいないで、僕にご相談下さい。必ず解決させて頂きます。

あなたの悩みが解決出来れば、子供も大きく伸びていくのです。
子供が伸びていけば、子育ては楽しくなります。

そして、僕のテキストを実践すれば、赤ちゃんの知能が上がります。
顧問契約を結べば、あなたの育児のお悩みを今すぐ解決します。

あなたの育児が楽しくなります!
ちなみに、僕の妻は保育園の園長先生です。夫婦とも、育児の専門家です。
2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728